当社は、DisplayPort規格に関する全ての機関と協働して、コンプライアンス試験開発を行っています。

DP 1.4 および DP over USB Type-C (DP Alt Mode) のロゴ認証、プレコンプライアンス、ソース、シンク、ケーブル、アダプタ、ハブのデバッグサービスを提供しています。

  • 全レートの電気信号(RBR, HBR, HBR2, HBR3)
  • リンク層とEDID
  • インターオペラビリティ
    マルチストリーム(MST)およびその他のオプションのDP機能

DisplayPort DP40 / DP 80 UHBRケーブルのロゴ認証サービス、ソースとシンクのEarly DP 2.0テストサービスもございます。 

詳しくはお問い合わせください。

 問い合わせる

DisplayPort™ テスト

 
DisplayPort テスト

DisplayPortDP)インターフェースは、最初に2006年半ばにリリースされました。この規格はデスクトップPC、ノートPC、スクリーン、アダプター、ケーブルなど幅広い製品に採用され、デジタルディスプレイ市場では主要なインターフェースの一つとなっています。従来のVGADVIFPD-LinkLVDS)に代わるインターフェースとして設計されています。最新のバージョンはDisplayPort 2.0であり、伝送速度はチャネルあたり20Gに達し、表示能力16K 60fpsの画像をサポートできます。詳細については、以下を参照してください。: https://vesa.org/

DisplayPort 公式認証: VESA 

VESA(Video Electronics Standards Association)は、ソフトウェア、ハードウェア、コンピュータ、モニター、部品など280社以上のメーカーで構成される非営利団体です。 主な目的は、デジタルビデオインタフェース技術の標準化です。特に、ここで標準化されたインターフェースはロイヤリティの支払いが免除されています。VESA協会について詳しくお知りになりたい方は、こちらをご参照ください:http://www.vesa.org/

 

VESA DisplayPort最新バージョン

VESA DisplayPort (DP) Standard Version 2.0 – 26 June, 2019

 

認証範囲

DisplayPortの認証を行うプロダクトタイプ
認証製品の種類と例

3DP-製品カテゴリ-768x308

技術資料
  • アプリケーションノート: DisplayPort 2.0 Overview
  • アプリケーションノート: VESA Adaptive-Sync Introduction
  • Webinar プレゼンテーション: DisplayPort Receiver Test & Project

DisplayPort™ 認証テストプロセス

 
DisplayPort™ 認証テストプロセス

3-1DP-test-Flow--600x454

貴社が協会に加盟しているかどうかは、協会のホームページで確認することができます。<確認はこちら

メンバーは、OEMまたはBranding manufacturersのいずれかを選択することができます。

会員登録の申請は以下から行って下さい。

https://vesa.org/join-vesamemberships/ (Online Application)

VESA年会費の支払い方法は、会社の年間売上高に応じ、支払いは米ドル建てです.


(2)サンプル製品の情報提(CDF/HDCP Form/Familyモデル)
  • CDF (Capability Declaration Form):
    製品の機能を記入します。 テストでは、記入した内容とテスト結果に一貫性があることを確認します。 このフォームはテストに必要なドキュメントであり、ダウンロードするにはVESAのメンバーである必要があります.
  • HDCP Form:
    このフォームはオプションです。 製品がHDCP1.x / HDCP2.2をサポートしている場合、HDCPフォームに記入する必要があります。《HDCPフォームのダウンロードはこちら

* DisplayPort認証では、製品がHDCPをサポートする場合、HDCP2.2でサポートおよびテストする必要があります。HDCP1.xはオプションのテストになります.

  • Family Model list:
    認証を受けようとしているモデルが、ファミリーモデルの場合、追加のテストは不要です。認証が完了する前に、ファミリーモデル申請フォームをGRLに提出してください。確認のため、VESAに提出します。《ファミリーモデル申請フォームのダウンロードはこちら》。

ファミリーモデルのモデルは、次の3つの基準を満たす必要があります。 

    • ハードウェア変更がないモデル(シャーシ設計/色の変更を除く))
    • ソフトウェアとファームウェア変更なしのモデル
    • DisplayPort関連ハードウェアの設計変更がないモデル

  •  
(3)製品がUSB Type-C®コネクタの場合、VIFおよびUSB Type-C®情報を提供する必要があります。
  • VIF (Vendor Info File)
    製品がUSB Type-C®コネクタの電力供給をサポートしている場合、テストにはVIFが必要です。
    Vendor Info File (VIF)
    は、製品PDの機能を記録します。テスト時には、標準のテスト機器でこのファイルをインポートして、製品の実際の機能を比較する必要があります。このファイルはテストに必要ですので、テストを実施する前に準備してください。

USB-IFVIFファイル生成ツール https://www.usb.org/usb32toolsを公開しています.

  • USB Type-C® 情報

If 製品がUSB Type-C®コネクターである場合、この製品で使用されているコントローラー/ウェーハなどの情報を提供してくださいこれはテストに必要なファイルです。《ダウンロードフォーム




(4)テスト合格後の処理

製品がテストに合格すると、GRLから合格の連絡(Congratulation Letter)を発送します。

製品が公式Webサイトに掲載される場合(お問合わせURL)、以下を行う必要があります。

  1. CDFの「Certified Product Website Posting Information」に記入する。GRLでの認証試験に合格した製品は、GRLから合格報告書とともに協会に提出されます。
  2. VESAのウェブサイト上で合格連絡手続きをし,GRLテストレポートを提出します

連絡先 moderator@vesa.org 

(上記の手順で申請のない場合、製品はVESA Webサイトにリストされません)

DisplayPort 認証テスト項目 & 使用機材

 

DisplayPort 認証テスト項目
以下のプロダクトカテゴリ/テスト項目で、VESA認証テストが行われます。

3-2-VESA試験項目revised-600x575

 
DisplayPort 認証テスト

メインリンク電気テスト 

  • Keysight scope DSOV334A 33GHz
  • Tektronix BERTScope12500
  • Anritsu MP1900A

Aux チャネル電気テスト

  • Keysight scope MSOS254A 2.5GHz

Link層テスト

  • Unigraf UCD-400
  • QuantumData 980

DC パワーテスト 

  • Power Meter

相互接続性テストt

  • Certified DisplayPort Sink and Source

EDID テスト

  • Unigraf UCD-400

マルチ ストリーム トランスポート (MST)テスト

  • Four Dell U2417H
  • ST Micro Aux Monitor
  • Unigraf DPA-400

ビルボード テスト

  • USB test tool: Command Verifier

DP+USB クロストーク テスト

  • Keysight scope DSOV334A 33GHz
  • Anritsu MP1900A
  • Tektronix BERTScope12500 + GRL  USB-PD-C2

パワーデリバリ テスト

HDCP テスト

  • Unigraf UCD-400
  • QuantumData 980

DisplayPort 製品認証に関するFAQ

VESA会員、テストプロセス関連

1.VESA 会員登録の問い合わせ、申し込みは?

貴社が協会に加盟しているかどうかは、協会のホームページで確認することができます。<確認はこちら

Members メンバーは、OEMまたはBranding manufacturersのいずれかを選択することができます。.

If 会員登録の申請はこちらから行って下さい。

https://vesa.org/join-vesamemberships/ (Online Application).

 

VESA年会費の支払い方法は、会社の年間売上高に応じ、USDでの支払いとなります。

2.Displayのロゴを使える条件は?
  • 認証試験に合格している
  • VESA DisplayPort商標ライセンス契約に署名済み

DPロゴを使用するためには、VESAとの間でVESA DisplayPort Trademark License Agreementを締結する必要があります。

この書類へのサインは各社1回で済み、追加料金はかかりません。

3.VESA 認証テスト後の手続きは?
  • 製品がテストに合格した場合、GRLから確認メールが届きます。
  • VESA公式ページへの掲載を希望される場合、次の手順を行います。
  1. CDFの「Certified Product Website Posting Information」に記入する。GRLでの認証試験に合格した製品は、GRLから合格報告書とともに協会に提出されます。
  2. 製品が認証され、GRLからCongratulation Letter Emailを受け取った後、このレターを使って、協会の担当者: moderator@vesa.org に直接、製品の協会ウェブサイトへの掲載が必要であることを返信してください。 
4.認証合格後、サンプルの引き取りは可能ですか?

サンプルは認証された後、3ヶ月間研究所で保管する必要があります。3ヶ月後に返却することが可能です。

5.DisplayPortロゴの使用方法は?
6.ファミリーモデルは、再度認定を受ける必要がありますか?

製品に拡張モデルがある場合、ファミリーモデルの要件を満たしていれば、追加のテストは必要ありません。認証前にファミリーモデル申請書をGRLに提出していただければ、レビューさせていただきます《ファミリーモデル申請書ダウンロード
ファミリーモデルのモデルは、次の3つの基準を満たす必要があります。
ハードウェア変更がないモデル(シャーシ設計/色の変更を除く))
ソフトウェアとファームウェア変更なしのモデル
DisplayPort関連ハードウェアの設計変更がないモデル

製品仕様、事前準備について

1.認証可能なDisplayPortケーブルは?

パッシブケーブルは認証テスト可能です。アクティブケーブルは試験仕様がないため、テストが必要な場合は、営業担当までお問い合わせください。

  • パッシブケーブル: ICを内蔵していないケーブル
  • アクティブケーブル: リ・タイマーあるいはリ・ドライバICを内蔵しているケーブル
2.DisplayPort Branch Deviceカテゴリに属し、認証が可能な製品は? 
  • MSTをサポートしているモニター
  • DPインターフェイスアダプタ(DVI/VGA/HDMI)
  • DP over USB Type-C® インターフェイスアダプタ (DVI/VGA/HDMI)
3.ピン配列についての条件は?

DisplayPortのピンアサイン仕様に従うこと。(ソースとシンクはCピンとEピンをサポートしている必要があります。)

3-3DP-FAQ-768x196

 

4.DisplayPort 2.0 と DisplayPort 1.4 / 1.2の違いは?

転送速度、エンコーディング、 EQ、 画像データ圧縮, 解像度の違いについて下記の表を参照ください。
*青文字はオプションです。

DP-1.4-v.s-2.0-1024x468