PCIe コンプライアンス テスト&ソリューション

当社ではPCI-SIG委員会、ワークショップなどエコシステム全体を通して、当社の長年の歴史と経験で業界をサポート。PCIe 5.0、4.0、およびそれ以前のBase(ASIC)およびCEM(システム)仕様のプレコンプライアンス・テストを支援サービスを行っております。

PCI-SIG委員会、ワークショップなど長年業界全体において導入企業を支えてきたGRLのチームが、コンプライアンスとデバッグを含むPCIe検証に関するサポートを行っております。

PCIe 5.0、4.0以前のベース(ASIC)およびCEM(システム)仕様のプレコンプライアンスとICの特性評価、エンドポイント(デバイス)、ルートコンプレックス(ホスト/システム)、バックプレーン、およびコネクター

 

  • トランスミッタおよびレシーバLinkEQの電気的特性およびRxジッタマージン
  • Txプリエンファシスレベル検証 & RefClkジッタ
  • リターンロス/挿入損失
  • PLLピーキングと帯域幅
  • トランザクション&リンク層(PTC)
  • コンフィギュレーション空間(CV)
  • PCIeプロトコルレイヤの解析、デバッグ、ストレステスト

PCIe Integrators List (IL) Certificationは、PCI-SIGワークショップでのみ取得可能です。GRLは、ワークショップに参加する前に、準拠しているかを確認したり、関連する問題のデバッグをサポートします。

PCIe BASEとCEMのフォームファクター以外に、以下のフォームファクターでのテストが可能です

  • U.2
  • U.3
  • M.2
  • EDSFF
  • miniSAS
  • カスタム・コネクタ

詳しくはお問い合わせください。

 問い合わせる

PCIe テスト

PCIe 

PCI Express®(Peripheral Component Interconnect Express): PCIeは、コンピュータのマザーボード上の拡張バス規格で、既存PCIプログラミングの概念と信号規格を踏襲しています。コンピュータ、プロセッサ、メモリ、ハードディスク容量の進歩に伴い、高速データ伝送の需要が高まっています。PCIeについてお知りになりたい方は、https://pcisig.com/developersご参照ください。

PCI-SIG 

PCI-SIG(Peripheral Component Interconnect Special Interest Group)は、PCIe規格仕様の策定を担当する業界コンソーシアムです。 PCI-SIGは、1992年に非営利団体として設立されました。 参加メンバーは、700以上の業界の専門家です。PCI-SIGの詳細については、  https://pcisig.com/ を参照してください。

PCIe最新仕様

PCIeの伝送速度は仕様により異なります。 それぞれの仕様については以下をご参照ください。
 https://pcisig.com/specifications

認証範囲

GRLでは、PCIeに関する当社の歴史と経験を持ってPCI-SIG委員会、ワークショップ、エコシステム全体をサポート。
PCIe 5.0、および4.0以前のBase(ASIC)およびCEM(システム)スペックのIC、エンドポイント(デバイス)、ルートコンプレックス(ホスト/システム)、バックプレーン、コネクターを対象とした プリ-コンプライアンス、特性評価を実施しています。

  • トランスミッタ、レシーバの電気テスト/ジッタ・マージン テスト
  • Tx プリ-エンファシス レベル/ RefClk ジッタ評価
  • 反射損失/挿入損失
  • PLL ピーキング、帯域幅
  • トランザクション、リンク層 (PTC)
  • コンフィグレーション・スペース (CV)
  • PCIe プロトコル層解析、デバッグ、ストレス テスト

PCIeロゴ認証は、PCI-SIGワークショップでのみ取得可能です。ワークショップに参加する前にGRLと協力してコンプライアンスを事前確認したり、問題の発見/デバッグを行うことができます。

PCI Expressテスト可能な製品カテゴリ

PCIe-testing-table

 

関連製品

ソフトウェア

 

PCI Express テスト プロセス

 

PCI Express テスト プロセス

6-1PCIeTest-Process-768x560

 

(1)メンバーシップの登録とVID

PCI Express認証を得るには、お客様がPCI Express VID(ベンダーID)を所有し、製品登録用Webサイトのアカウントを取得する必要があります。

※メンバー登録されているかは以下より確認できます。
https://pcisig.com/membership/member-companies

メンバー登録を以下より行います。メンバー登録後にVIDが発行されます。
https://pcisig.com/membership/become-member

(2)テストサンプルと製品情報
  • 2セットの製品サンプルをご用意ください。
  • 製品情報: テスト開始前に以下のフォームに必要事項をご記入の上、GRLにご提出ください。テストする製品情報を参照し、テストレポートに使用させていただきます。 <製品情報フォームダウンロード>
    ※ 製品スピードとテストモードへの移行方法は、テストのために必要な情報であり、テスト前に必ず提供してください。 テストはその内容に従って行われます。
(3) テストレポート

PCI Expressのテストレポートは、セルフテストレポートの提供となります。.
製品に公的認証が必要な場合は、ステップ(4).を参照してください。

(4) PCI-SIGから公式認定を取得

PCI Express製品がPCI-SIGの認定を受ける必要がある場合、PCI-SIGのイベントにおいて認定試験を実施する必要があります。認定試験の結果、合格となった場合、認定を受けることができます。
PCIeのイベント情報は以下をご参照ください。
https://pcisig.com/events

PCI Express テスト項目と使用機材

 

PCI Express テスト項目

6-2PCI-Express-試験項目-600x286

 

テスト項目の内容

圖片1-1

PCIe電気テスト

6-2PCIe-Electrical-test-600x401

 

PCI Express テスト使用機材

電気テスト

  • Keysight scope DSOV334A 33GHz
  • Keysight M8020A
  • Anritsu MP1800
  • Tektronix DPO72004C 20 GHz

 

PCI Express is a registered trademark of PCI-SIG

PCI Expressテストに関するFAQ

メンバーシップ、テストプロセスについて

1. PCI Express® メンバー登録の方法は?
PCI Express テストプロセスをご覧ください

 

2. 認証製品の確認するには?


以下より認定製品を照会できます:https://pcisig.com/developers/integrators-list

※製品が認証された後、公式ウェブサイトにリストされる以下の製品リストリクエストフォームに記入する必要があります。

https://pcisig.com/user/login?destination=node/add/integrator-list-item

3. PCI Expressのテストは、PCI Express Workshopでしか認証されないのでしょうか?

はい、その通りです。 現在、PCIeでは認証を行うテスト機関を設けていません。GRLは事前試験サービスを提供しており、認証はPCI-SIGのワークショップで認証を取得する必要があります。ワークショップの情報は以下をご参照ください。

 https://pcisig.com/events

4. PCI Expressテストの完了後にサンプルを引き取ることはできますか?

はい。GRLは事前試験サービスのみを提供するため、試験終了後サンプルをご返却いたします。

製品仕様、事前準備について

1. GRLでは、どんなPCI Express製品をテストできますか?

GRLでは、次の製品の事前試験実施可能です。

6-3PCI-Express-FAQ--768x233

 

2. PCI Express テストでは、何を用意すればよいですか?
3. PCI Expressテスト時に必要なテストサンプルの機能は?

テストには、次の機能が必要となります。

  1. テストモードに入れること (テストモードの設定方法もお知らせください)
  2. トランスミッション信号の連続出力機能が必要。