イーサネット コンプライアンステスト

当社では、ホスト、ハブ、スイッチ、ルータを対象に、Ethernet 10M、100M、1000Mのテストを行っております。テストを通じて、製品が仕様を満たしているかを確実に検査致します。

当社ではネットワークおよびバックプレーンテクノロジーのPHYレイヤーのコンフォーマンスについて、標準準拠とデバッグを含むソリューションサービスを行っております。

56/112Gb/s PAM4、Base-CX/KR/KX、XAUI/CAUI4/CDAUI/200GAUI-4および400GAUI-8、10GBASE-T、CEI 25G/56G、Infinibandなど、400GまでのIEEE 802.3 および OIF-CEI ネットワークおよびバックプレーン規格の電気および光学特性評価を行っております。

 

  • PHYコンフォーマンス
  • SERDES/ICの特性評価
  • ホスト
  • バックプレーン
  • ネットワークアダプタ

 問い合わせる

イーサネット テスト

イーサネット (Ethernet)

イーサネット技術は、家庭や職場環境でコンピュータネットワークのために一般的に広く使われているインターフェースです。デスクトップ、ラップトップ、サーバーをネットワーク・ルーターやスイッチを介して接続します。イーサネットは、IEEE 802.3仕様として分類され、市場で最も古く、一般的に使用されているインターフェースの一つです。市場の需要に応えるため、その性能、伝送距離、相互運用性などは常に改善されています。現在の最高仕様は、400Gの伝送速度に達しています。より詳細な関連情報については、以下をご参照ください。
http://www.ieee802.org/3/

 

IEEE

IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)は、より高度なエコロジー環境を創造することを目的とした世界最大の専門家集団です。 電気機械、技術計算、情報通信の各分野で、積極的な技術革新を展開し、各種規格の制定に力を注いでいる団体です。より多くの関連情報をお知りになりたい場合は、以下をご参照ください。 https://www.ieee.org/

 

イーサネットテスト仕様の最新バージョン
  • IEEE Std 802.3TM-2018 (Revision of IEEE Std 802.3-2015)
  • SFF-8431 Specifications for Enhanced Small Form Factor Pluggable Module SFP+ Revision 4.1, – Jul. 6, 2009
 
テスト範囲
以下の製品タイプのイーサネットテストを提供しています。

5Ethernet-600x353

 

技術情報
  • アプリケーションノート: Ethernet Introduction
関連製品

ソフトウェア

  • PAM4 レシーバ・テストオートメーション・ソフトウェア :アンリツMP1800A用(GRL-PAM4-RXA)
  • SFP+/QSFP+ レシーバ・テストオートメーション・ソフトウェア:Tektronix BERTScope™ 用(GRL-SFPP-RX)

イーサネット テストプロセス

 

イーサネット テストプロセス

5-1Ethernet-Flow-chart-600x350

 

 

(1)プロダクト・インフォメーション・フォーム

プロダクト・インフォメーション・フォームは製品の主要情報を記述します。テストを開始する前に、下記のフォームのご記入をお願いします。
<フォームをダウンロード>
製品速度やテストモードへの移行方法などは重要な情報であり、必ずご記入ください。 記入された内容に従ってテストが実行されます。

(2) テストレポート

テストレポートは、セルフテストレポートです。テスト終了後、GRLから提供されます。

イーサネットテスト項目、使用機材

 

イーサネットテスト項目

- 10/100/1000 Base-T テスト項目

Ethernet-speed-table

 

- 10G Base-T テスト項目

Ethernet-10g-base

 

- SFP+ & QSFP+ テスト項目

圖片18

 

- SFP28 & QSFP28 テスト項目

圖片19

 

イーサネット テスト機材

10/100/1000 Base-T テスト:

  • Keysight DSO9254A 2.5 GHz Oscilloscope
  • Keysight E5071C ENA

10G Base-T テスト:

  • Keysight DSOV334A33 GHz Oscilloscope
  • Keysight E5071C ENA

SFP+ & QSFP+ テスト:

  • Keysight DSOV334A33 GHz Oscilloscope
  • Anritsu MP1900A

SFP28 & QSFP28 テスト:

  • Keysight DSOV334A33 GHz Oscilloscope
  • Anritsu MP1900A

Ethernet テストに関するFAQ

テスト前

1. イーサネット テストの事前に必要なものは?

詳細は、「テスト プロセス」ページをご覧ください。

2. イーサネット製品の設定は?

テストはテストモードで行う必要がありますので、GRLにお送りいただく前に、お使いの製品がスムーズにテストモードに入ることができるかどうか確認をお願いします。またテストモードへの切り替え方法をGRLにお知らせください。ご不明な点がございましたら、試験前にお問い合わせください。.

テスト実行中

1. 低電力モード(Low Power Mode)をサポートする製品の場合, テスト中はこのモードを停止する必要がありますか?
各項目の試験時間は5分以上かかります。試験終了前に製品がスリープモードまたはスタンバイモードに移行した場合、試験結果は「Failed」となってしまいます。 Low Power Modeに対応した製品の場合は、試験を中断しないようにLow Power ModeをOFFにする必要があります。

テスト終了後

1. テスト終了後サンプルは返却可能ですか?
はい、返却可能です

特別な製品の場合、GRLはお客様の同意を得た上で、2ヶ月間サンプルをお預かりすることがあります。