SD コンプライアンステスト & ソリューション

当社はテストサービス、テストソリューションの提供を通じてフラッシュメモリインターフェースの高速シリアルへの移行に貢献し、送信信号品質、受信ジッタ耐性、インピーダンスマッチングのテストを提供しています。

UHS-IIホスト&デバイス:GRLは、フラッシュメモリの高速シリアルインターフェースへの移行に貢献するリーディングラボです。

コンプライアンス、認証、デバッギングなどのサービスを提供しています。

コンパクトフラッシュ協会(CFA)指定ラボ

当社ではCFA指定ラボとして、CFA会員向けに以下のテストサービスを提供しています。

  • CF Express電気的コンプライアンス試験サービス
  • CF Expressプロトコル適合性試験サービス(PCI Expressプロトコル)
  • CF Express VPG(Video Performance Grade)認証サービス
  • CFast電気的適合性試験サービス
  • CFastプロトコルコンプライアンス試験サービス

 問い合わせる

SD テスト

SDメモリーカード

Secure Digital Memory Cardは、SDと略され、一般にはメモリーカードと呼ばれています。 SDインターフェースは、カメラ、ビデオレコーダー、携帯ゲーム機、携帯電話、ノートパソコンなどの携帯機器に広く使用されています。最新のSD規格はSD8.0であり、その伝送インターフェースはPCIe4.0を使用し、NVMe1.4プロトコルが採用されました。これにより、SD Expressカードは約4GB/秒の伝送速度に達しています。現在、SD 3.01とSD 4.0規格のカードが、広く普及しています。
SDに関する詳しい情報は、SDカード公式ページをご覧ください:
https://www.sdcard.org/cht/developers/index.html

SD アソシエーション

SDアソシエーションは2000年に設立され、松下電器(パナソニック)、サンディスク(サンディスク)、東芝(東芝)の3社で構成されています。SDアソシエーションの会員は、約900社が参加しており、SDの仕様策定とその応用の推進に取り組んでいます。
SD Associationについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。  https://www.sdcard.org/cht/about_sda/index.html

SD仕様の最新バージョン

SDテスト項目の仕様は、それぞれ異なるドキュメントを参照する必要があります。最新のバージョン情報は、こちらをご覧ください https://www.sdcard.org/downloads/pls/index.html

認証範囲

SDテストは下記の製品カテゴリーで実施されます

SD-テスト表-768x718

技術資料
  • アプリケーションノート: SD 3.0 / 4.0 Overview
関連製品

ハードウェア

ソフトウェア

 

SD テストプロセス

SD テストプロセス

表SDTest-Process-768x594

(1)SDアソシエーション会員登録

認証を得るには、SDアソシエーション会員への登録が必要です。

※メンバー登録されているかは下記より確認できます。
https://www.sdcard.org/about-sda/member-companies/

会員登録を以下より行います。 https://members.sdcard.org/kmembership_info/company_membership_types

(2)会員の種類、会費、権利

貴社がまだ研究開発段階にあり、SD仕様を入手する必要がある場合は、次の資料を準備して仮契約資格(非会員):Qualification of Temporary Contractを申請することができます。 問い合わせ先: admin@sd-3c.com 

  1. 機密保持契約 (NDA)に署名
     <フォームのダウンロード>
  2. 申請費用1,000米ドル (NDA締結後90日以内に正会員になった場合、1,000米ドルを会費から差し引くことができます。)

会員特典と手数料の概要

SD表--768x503

 

(3) 製品サンプルと製品情報
(4)ロゴの使用に関するライセンス契約に署名

テストに合格した後、ロゴを使用するには、SDアソシエーションとSDカードアソシエーションのライセンス契約(SD Association License Agreement)に署名する必要があります。 
SDAサイトよりダウンロードできます。
 https://www.sdcard.org/developers/use-and-licensing/

 

SD テスト項目と使用機材

 

GRLでは以下のテストを行っています

SDテスト項目-768x398

SD テスト機材

Tx_テスト:

  • Keysight scope DSOV334A 33GHz
  • Agilent J-BERT N4903B

Rx_テスト

  • Agilent J-BERT N4903B

反射損失テスト

  • Keysight E5071C
  • Agilent J-BERT N4903B

プロトコルテスト

  • GRL-UHSII-EMU

SD is a trademark of the SD Association.

SDテストFAQ

会員登録、テストプロセスについて

1. SDアソシエーション会員であるかの確認と申請方法は?
<SD Test Process>をご参照ください。
2. 会員の種類、会費、権利は?

正式会員と仮契約の2種類があります。
詳しくは<SD Test Process>をご覧ください。

3. SVPプログラムとは?

GRLでは、SDAが提唱するSD Express/UHS-II Validation Program(SVP)を提供することができます。詳しくは以下をご参照ください

https://www.sdcard.org/join/

テスト仕様、事前準備について

1. SDカードのロゴとアイコンはどうやって見分けるのですか?どのような意味があるのですか?

SDカードのスピードグレードは3つに分けられます(数字が大きいほどスピードが速くなります)

  1. スピードグレード:
    • C2 (2MB/sec)
    • C4 (4MB/sec)
    • C6 (6MB/sec)
    • C10 (10MB/sec)
  2. UHS スピードクラス:
    • U1 (10MB/sec)
    • U3 (30MB/sec)
  3. Videoスピードレート:
    • V6 (6MB/sec)
    • V10 (10MB/sec)
    • V30 (30MB/sec)
    • V60 (60MB/sec)
    • V90 (90MB/sec)

SD_QA表-768x402

 

2. 他にSD関連の質問がある場合、どちらに連絡したらよろしいでしょうか?

ご質問がある場合は、 helpdesk@sdcard.org までご連絡ください。